便秘=真夏の生ゴミ置き場、劣悪な状態

便秘=真夏の生ゴミ置き場、劣悪な状態

便秘、がこわい理由はまだあります。

 

口から入った食べ物は、栄養分を消化吸収したあとは、体のなかでいわば生ゴミともいうべきものになります。

 

この生ゴミを体の外に捨てずに腸内に長く溜めておくとどうなるでしょうつ有機体が死に、解体へと至る過程の常として悪臭が発生し、腐敗と発酵が始まります。

 

36・5℃の体温によって生ゴミは腐っていき、このときに出る腐臭が体にとって有害となります。

 

腸のなかではどんな毒素や腐敗物質が発生しているのでしょうか。

 

それは硫化水素、フ工ノル、ス力トール、インドール、アンモニア、メタン、またヒスタミンなどの多くのアミン類で、さらに活性酸素という強い毒性をもっ悪玉酸素も発生しやすくなります。

 

これらの有害物質が腸の粘膜細胞のDNAを刺激し破壊すると、大腸内部にポリープやがんが発生しやすくなります。

 

そればかりか、毒物が腸かう血中に限収されてしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか。

 

内臓から肝臓に入り、肝内で酵素によって解毒処理されます。

 

肝臓の負担が増えてくると肝機能が落ち、肝内で充分に解毒されなかった毒素は今度は血液を通して全身に回ります。

 

血液は汚れ、接着剤のように粘りを帯び、毒物は全身に運ばれます。

 

本来なら毛細血管のすみすみにまで新鮮な酸素を運ぶ赤血球や、伝染性の病原菌の侵入を防ぐ免疫機能をもっ白血球が傷つき、さらには細胞のDNAや遺伝子芯どが傷つきます。

 

バランスが崩れ、それぞれの働きに支障を来たすとどうなるでしょう。

 

そこへ細菌が入ってきたら、脆弱芯家の窓を聞けるよう芯もので、容易に侵入を許してしまうことになります。

 

こうなると時すでに遅し、さまざまながんの原因になることが考えられるのです。

便秘=真夏の生ゴミ置き場、劣悪な状態 関連ページ

植物食部%(穀類・豆類+野菜・フルーツ)一動物食15%が、人に自然でグッドバランス
「なにごとも自然の摂理にのっとっていれば病気に芯ることはないんです」。     日米で約加 […]
「スモールポーシヨン&口ーカロリー」をべースに
よく小食の人は健康で長生きするといいます。   これは食物の消化に体内酵素をあまり使わすに済み、体の […]
慢性的な便秘薬の使用、漢方薬や八ーブも毒となる
何日も排池がないのが当たり前になっていれば、安易に便秘薬や漢方処方のお茶に頼るかたも多いでしょう。   […]
便秘は、体内の環境問題
腸内に便の残存があり、毒素が血液中に吸収されて全身に回るような状態が短期間でも続くと、もちろん腸自体もダメージ […]
なぜ現代人は便秘になりやすいの?
慢性的な便秘は、「腹痛」「おなかが張る」「ガスばかり出る」など、腹部が苦しくて気分がふさぎます。   […]
便秘にひそかに悩む女性
慢性的便秘に悩まされている人は、女性のほうが圧倒的に多く、日本人女性の今やじつに2人に1人は便秘といわれます。 […]
Hello world!
Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or […]