「スモールポーシヨン&口ーカロリー」をべースに

「スモールポーシヨン&口ーカロリー」をべースに

よく小食の人は健康で長生きするといいます。

 

これは食物の消化に体内酵素をあまり使わすに済み、体の自然治癒や解毒のほうにどんどん使われるため、とドクターシンヤは言っています。

 
たとえば、虫さされ痕や皮膚の傷芯どのようなものでも、快復の早さは免疫力と強く関係し、ふだんか5粗食||穀物と野菜をメインにとる穀菜食ーを心がけ、週食しない生活をすれば、治りが早いのです。

 
逆に動物食や総カロリーが過剰になると不快な害虫に刺されやすくなり、自然治癒力も低下して痕の回復も時闘がかかります。

 

 

「最近、痕がなかなか治らないのは、やっぱりおトシのせいつ」と思う前に、「飽食の代償かっ」と自分の胸に訊いてみると、自すと答えがでるやも。

 

 
米国立衛生研究所は、サルによる実験で「究極の低カロリー食を続けると、健康で長生きできる」ことが分かったと発表。カロリーを叩%減らした工サで旧年間飼育したグループは死亡率が半分と低く、また心臓血管系疾患や糖尿病、じん臓病など高齢に伴う病気にかかる割合は半分以下だったと判明。

 

 

長生き組モンキーズが食べていた工サを人間の食事の熱量に換算すると、男性1日1540Kcal、女性1120Kcaーに相当し、基礎代謝といわれる最低カロリーにか芯り近い量だそうです。

 
また別の米国立加齢研究所グループは、「低カロリー食で長生きできる通説がサルの実験でより確実に行ゆった」と発表。低カロリー食で長生きするサルに「低体温」「低インスリン」「DHEASと呼ばれる血中ステロイドの低下が遅い」という3特徴が見5れ、同研究グループはさらに健康芯男性の寿命データと照合すると、この3特徴をもっ人は、食事制限をしていない自由食でも生存率が高かったことが明らかに。

 
私は関係ないし」と思う人でも、おいしいものが大好きで、運動不足でもスリムだかう大丈夫、と飲み食いしたい放題のかたは、やはり注意するに越したことはないといえそう。何年もかけて知うす知うずのうちになるがゆえにHサイレントキラlHといわれる生活習慣病||糖尿病、肥満、高血圧、がん芯どーーは、お互いを進行させたり、複数同時に起こって心臓病や脳卒中を起としたりします。

 

「生活習慣病つpくる、きっとくる1(『リング』のテーマ由)ということは頭の片隅にでも覚えておくべき。

 

「お皿に盛る量は7割ぐらいの少なめに。できるだけカロリーの高く忽い自然のものを低温でまるごと」と毎食心がでは自分も寿命を延ばせるかどうかつけるようにします。さて、気長に実験です。

「スモールポーシヨン&口ーカロリー」をべースに 関連ページ

植物食部%(穀類・豆類+野菜・フルーツ)一動物食15%が、人に自然でグッドバランス
「なにごとも自然の摂理にのっとっていれば病気に芯ることはないんです」。     日米で約加 […]
慢性的な便秘薬の使用、漢方薬や八ーブも毒となる
何日も排池がないのが当たり前になっていれば、安易に便秘薬や漢方処方のお茶に頼るかたも多いでしょう。   […]
便秘は、体内の環境問題
腸内に便の残存があり、毒素が血液中に吸収されて全身に回るような状態が短期間でも続くと、もちろん腸自体もダメージ […]
便秘=真夏の生ゴミ置き場、劣悪な状態
便秘、がこわい理由はまだあります。   口から入った食べ物は、栄養分を消化吸収したあとは、体のなかで […]
なぜ現代人は便秘になりやすいの?
慢性的な便秘は、「腹痛」「おなかが張る」「ガスばかり出る」など、腹部が苦しくて気分がふさぎます。   […]
便秘にひそかに悩む女性
慢性的便秘に悩まされている人は、女性のほうが圧倒的に多く、日本人女性の今やじつに2人に1人は便秘といわれます。 […]
Hello world!
Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or […]