よい食生活に必要な 「6大栄養素」の基礎知識

よい食生活に必要な 「6大栄養素」の基礎知識

「食事に気をつけるなど自分でできることはやって、免疫力や抵抗力を強化すれば、ほとんどの病気は自分で予防できる。

 

芯のに保存料や添加物の多いものを食べ、不規則芯食生活をしている人、が、健康保険で治してもらおうというのでは医療費はいくらあっても足りない。自分で責任をもつように什枯れば国の医療費も上がらないし、保険料、たって払う額が少なくて済む」。
よい食事を心がけるためには、基本的なことを知っておきましょう。健康であるには、大きく分けて「炭水化物」「たんぱく質」「脂肪」「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」と「酵素」の7種類の栄養素が必要になってきます。とれ5の役割について、ちょっとお勉強してみましょう。

 
炭水化物

 
体のエネルギー源。消化吸収がよく、効率よく力を蓄えます。マラソン選手が良質の炭水化物を摂取して体力をつけるのも、こんな理由から。

 

 

細胞に活力を与え、血行をよくして体にたまった老廃物や毒素をすみやかに排出する作用もあります。

 
良質の炭水化物は「糖質」や「でんぷん質」のほかに「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」も多く含みます。

 

 

体のエネルギー源に使われたあとは、「水」と「炭酸ガス」ができます。

 

 

しかもたんぱく質や脂肪自身が消化吸収にエネルギーをあまり使わ芯いで済み、忍耐力や持久力をつけるのに最適です。

 

 
ただし、いくら良質といっても、炭水化物の糖質は週剰にとると皮下脂肪になります。

 

 

脂肪は筋肉や肝臓に蓄えられ、肥満シルエットへ。

 
これを誤解し、ダイエットのためにごはんやパン、麺類などを抜いて食事をとるのは考えものです。

 

 

エネルギー源として総力口りの印%ほどのでんぷん質をとう芯いと、体のなかで脂肪の燃焼、がうまくいかす、肥満かう正常にはなれません。

 

 

米工|ル大学、米国食事療法学会、米国心臓病学会、その他多くの学会は、炭水化物を制限するダイエットは医学的障害をもたらす可能性があるので行わ芯いようにと警告しています。

よい食生活に必要な 「6大栄養素」の基礎知識 関連ページ

中性脂肪の多い人は、白米、白パン、白うどん、白パスタなどと甘いものと、アルコールを減らそう
糖質は過剰にとると中性脂肪(卜リグリセライド)に合成されてしまいます。   よって健康診査芯どで高ト […]
炭水化物を含む食べ物
米炭水化物を含む食べ物   穀類、雑穀類、豆類、イモ類、黒砂糖、蜂蜜など。     […]