中性脂肪の多い人は、白米、白パン、白うどん、白パスタなどと甘いものと、アルコールを減らそう

中性脂肪の多い人は、白米、白パン、白うどん、白パスタなどと甘いものと、アルコールを減らそう

糖質は過剰にとると中性脂肪(卜リグリセライド)に合成されてしまいます。

 

よって健康診査芯どで高トリグリセライド血症にチェックが出やすい人は、パン、果物、ジャム、蜂蜜、お菓子類、アルコール芯どを減うしましょう。

 
甘いものとアルコールのとりすぎは肥満の元。米国食事療法学会は「幼児期の食生活が肥満になる原因をつくっている」と発表。調査対象のアメリカの幼児の四%が毎日フレンチフライや清涼飲料を好んで口にしていて、四%以上が毎日甘いフルーツ飲料を飲み、3分の1は野菜や果物を食べてい竹ゆいとも。

 

 

キャンディーや塩分の多いスナック菓子の消費量は大人同様に多く、カロリー摂取量は平均必要量のmlm%過多であることが明らかにされています。

 

 
幼児期に砂糖や脂肪が多い食事ばかり与えていると、砂糖や脂肪を分解する善玉菌が減るばかりで、しっかりと腸に定着できにくいまま成長します。病気がちな体質になりやすく、太りやすい体質に芯るのも、不思議ではないとも指摘されています。

 

 
ビール好きのかたは、転ばぬ先の「水」で防御

 

 

ビールは腸内細菌のバランスを崩すので、飲む前にコップ2から3杯の水を飲んでおくのがおすすめ。

 

 

15~20分もすると牌臓かう腸に入り、胃が空っぽ状態でピlルを飲めば3杯になるととろが1杯で済みます。

 

 
量を少なくできるだけでなく、いきなりビールを飲むのは渇きを癒すどころかかえって逆効果。

 

 

脱水になったり下痢在したりし、老化を進めてしまうため老化阻止の意義があります。

中性脂肪の多い人は、白米、白パン、白うどん、白パスタなどと甘いものと、アルコールを減らそう 関連ページ

炭水化物を含む食べ物
米炭水化物を含む食べ物   穀類、雑穀類、豆類、イモ類、黒砂糖、蜂蜜など。     […]
よい食生活に必要な 「6大栄養素」の基礎知識
「食事に気をつけるなど自分でできることはやって、免疫力や抵抗力を強化すれば、ほとんどの病気は自分で予防できる。 […]