正しい食生活で、栄養をオイシイとこどり!

正しい食生活で、栄養をオイシイとこどり!

腸かうチョーBEAUTYに怠る欲ばりレシピは「コーヒーエネマ」「正しい食事・水」「運動」の三位一体で

 
「コーヒー工ネマ」をスタートさせるようになったら、「正しい食生活」と「水」、「運動」も心がけることで、排池習慣はかなり変わってくるはすです。

 
コーヒー工ネマだけ実行してほかは顧みす、というのでは、たとえるならそれは最新OS対応の高画質マルチプリンタと8ピットパソコンをつ芯いでいるよう芯、真価も発揮されようがないというシステムで、効率アップできる部分がありすぎる状態。きちんと連携してこそ待望のプログラムが走りだします。

 
食事と水と運動に、ほんのすこし腸思い の意識を向けるだけで、充分大きな前進。自分の体のまだ未来に属している5日先の白血球やら回目先の肌やら羽目先の胃腸やら旧年後の骨格や5の体組織の一部分を、今日の収穫をもってつくりあげようとしてくれている各要素||「コーヒー工ネマ」「食事・水」「運動」||に、できるだけいい条件を与えてお乙う、そんな未来への貯金の気持ちでこれらと上手につきあっていくと、コーヒーエネマへのチャレンジはグッドスタートとなるはずです。

 
「頭寒足熱腹八分目」の現代的解釈

 

 

「万病は腸から」、そのほとんどは4mえH とH食べ過ぎμ かうだといわれます。これは運動不足や力口リー摂取過多からきている内臓機能の低下、ととらえれば、至極もっともという気がします。

 
旧世紀当時の覇権国オランダで活躍した名医で、現在ではその名、が冠された博物館も残るへルマン・ブールハーフエが残したエピソードに、こん芯のがあります。彼の秘蔵書『医学最大の秘忠己が発見されて高値で競り落とされ、厳重封印されたその大著を聞いてみると、八王巷白紙で1ページ自にたった一行「頭寒足熱腹八分」とのみ大書きしてあった。

 

 

この前半部分の「頭寒足熱」は読んで字の如し、頭を冷やし、足元は温かく保て。乙れの真意は、冷静に考えよ、よく働け、といったことだとする解釈もあての戒めですが、要は、過食で体内に不要物を蓄積するな、といるようです。

 

 

短気を起こさず体をマメに動かせと。後半部分の「腹八分目」は食欲のコントロールについうこと。

 

 

 

これぞ健康長寿の極意と人々を感心させたといわれます。

 

 
今日の常識に照らしあわせでも理にか芯っているといえます。

 

 

 

フランス人は年間1人当たりの肉消費量がヨーロッパ一。

 

 

乳指肪消費量も平均以上なのに肥満率は凶年まで7%。他方アメリカフランス人の心臓病などの発生率はアメリカ人の22%
程度で心疾患の死亡率はヨーロッパで最下位、イギリスと比べる人は包%。

 

 

 

と3分の1以下でドイツと比べても半分。芯ぜかっ2003年、栄養学者チムが米仏両国で調査したところ、これはフレンチパラドックスでも芯んでもなく、外食などl人分の量に相当の差があるとわかったとか。アメリカ人は目の前に出されたら多くても食べてしまうというまた別の研究報告も出され、芯んのことはない、量一を少なくH するだけで解決する問題だったのです。

 
大食は、ひいては猛暑や地球温暖化にも貢献す)します。

 

 

「反詔胃」をもっ牛や山羊など草食動物の家畜は、大量に草を食べるためゲツブやガスが出やすく、この地球温暖化ガスが量的に無視できないとか。

 

ヒトのゲッブや臭いガスも、好気性発酵の「炭酸ガス」と、その引倍の温室効果、がある嫌気性発酵の「メタンガス」であり、温暖化に寄与す)という意昧では同罪。

 
昔よりも年々平均気温が上昇し、気候が南方下しているとともに、熱帯限定だったマラリアを媒介するハマダラカなどが北上している芯どといわれます。

 

文明の衝突ならぬH気象の衝突μ が始まりそうな勢いで刻々と変貌している現代の地球環境。いすれにせよ、ディフェンス力のある体をつくるためには、栄養吸収効率がよく芯るN腹八分目μ をモットにしているのがよいようです。

正しい食生活で、栄養をオイシイとこどり! 関連ページ

よい食事のポイント
動物性食品は1日100g、肉よりも魚、がよい。まるごと食べられる小魚、が理想的。 獣肉は少量(印lmg)月21 […]
どうやってやるの? コーヒーエネマの正しいやりかたをマスターしよう
慣れれば5分。コーヒー工ネマのホーム用キットで、じぶんでカンタン腸内洗浄   コーヒーエネマは、健康 […]
毎日15分でスッキリ、ホーム工ステ感覚 の市販の洗腸キットを上手に利用する
「コーヒー工ネマはどうしたらスタートできるのつ」の疑問を抱いているかたも多いでしょう。   おすすめ […]
なぜコーヒーがいいの? コーヒーは排濯を促す立役者
コーヒーエネマは、旺門か5オ|ガ二ツクコーヒーベースの洗腸液を注入し、腸内を洗い出す方法です。   […]
「コーヒーエネマ」が注目される理由は、ゲルソン療法への見直しと熱い支持から
健康を思いやる人すべてにおすすめできる自然療法による代替医療、それが「コーヒーエネマ」です。   オ […]
コーヒーエネマのメリット
コーヒー工ネマには、次のような改善、向上の作用があります。   体から食物廃棄物や毒素を早く出せる。 […]